施設に入れたら

主人のお兄さん家族と、義親の介護について話ました。

義父が人の手が必要な状態になったのです。義母はいますが、体力的に一人で面倒をみるのは無理だと『ヘルプ』要請がきたのです。

どこの家庭でも起こり得る介護問題。避けては通れないですよね。

主人は、嫁が面倒をみることを希望しているようでした。要するに私か義姉に頼みたいとうことです。

義姉は、無理だとはっきり言っていました。面倒をみるということは、常に一緒にいないといけません。同居するということですからね。

主人の実家に入るか、こちらに呼ぶかです。介護のために引越しまでするのもちょっと抵抗がありますね。かといってうちに呼ぶにも、狭すぎて居場所がないです。

私は思いきって言いました。
『施設に頼めば・・・?』
このひと言がすごく反感をかったようで、主人と揉めてしまいました。

介護のプロのところにお願いするのがどうしていけないのでしょう。私や義姉は素人です。義父に対して充分なことなんてできるとは思えませんし、なんのために施設があるのかってことですよね。

親のことで主人との仲がぎこちないものになるなんて、残念なことです。

結局話は進まないままです。。

WordPress Themes